ホーム

私たちはそば打ちをこよなく愛する仲間が集う素人のそば打ちクラブです。

蕎麦とそば打ちを通じて地域振興やそば打ちの普及活動に取組んでいます。

あなたもそば打ちという生涯向き合える趣味を通じて心豊かな人生を送りませんか?


そば打ち体験教室参加者募集!!

三田市ウッディタウン市民センターにおいて初心者、初級者を対象に年に3~4回実施しています。

500gの二八そばを打って、お持ち帰り頂きます。全麺協認定の有段者が丁寧にご指導いたします。

具体的な日程が決まればご案内しますので、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

そば打ち体験
そば打ち体験

三田市ウッディタウン市民センター はこちら

神戸手打ちそばの会とは

1. 『神戸手打ちそばの会』の概要

設立は2004年12月、全麺協西日本支部所属団体の中でも最も古くから活動しているクラブの一つです。所属会員は約20名で毎月の例会でそば打ち技術の研鑽に励むほか、手打ちそば教室の開催や各地のそばまつりへの出店など幅広く活動しています。
全麺協段位認定者は五段位・2人、四段位・6人、三段位・3人、二段位・5人、初段位・2人、全麺協認定審査員は地方審査員・3人です。(いずれも2019/11現在)

2. 『神戸手打ちそばの会』のあゆみ

2004年1月箱崎孝治氏が講師を務める朝日カルチャーセンターの
『そば打ち教室』に井上二郎氏ほか10名程度が受講生として参加。
2004年12月箱崎氏の要請により『こべっこランド親子そば打ち教室』 を引き継ぐにあたり井上氏が中心となり受講生9名で 『神戸手打ちそばの会』を設立。
初代会長に井上二郎氏が就任。『こべっこランド親子そば打ち教室』は現在も継続して実施。
2005年4月六甲山修法が原にて神戸市森林整備事務所「六甲森の学校」参加者80名
にそばを提供。2010年まで実施。
2005年5月グリーンガーデンモール北神戸のフリーマーケットにおいて蕎麦屋
『一考庵』裏で手打ちそばのブースを出店。2007年まで実施。
2007年5月一般社団法人『全麺協』正会員として登録。
2011年1月本間太氏が第2代会長に就任。
2011年3月第1回いなべ市そばまつりに出店 (現在まで連続出店)
2011年8月神戸手打ちそばの会と富山そば友の会との第1回交流会を富山県利賀村で開催。以降毎年、兵庫と富山で交互に開催して現在に至る。
2012年4月第1回奥丹波そば街道まつりにそば打ち応援で参加。第5回まで実施。
2012年12月第1回西日本支部会員交流そば打ち選手権大会に2チーム参加。
2014年12月桂木児童館にてそば打ち教室を開催。以後毎年実施、現在も継続。
2015年6月本間氏の会長辞退により、第3代会長に井上二郎氏が復帰。
2015年12月第2回西日本支部会員交流そば打ち選手権大会にて2位に入賞。
選手の井上、本間、片野は翌年3月名古屋での全国大会に出場。
2016年10月第13回松本そば祭りに初エントリー初出展の快挙を成す。
「阪神淡路大震災復興20周年謝恩」と位置づけ剰余金(約20万円)を
被災地熊本に寄付。
2018年1月片野光詞氏が第4代会長に就任
2018年11月第9回三重いなべ市そばまつりに9回目の出店
2019年4月第6回奥丹波そば街道祭りに神戸手打ちそばの会として初出店
2019年6月神戸手打ちそばの会と富山そば友の会の9回目になる交流会が
富山県滑川市で行われました。
2019年11月第10回いなべの里新そばまつりに出店
2019年12月定時総会を行いすべての議案が承認されました。
2020年度も同じ体制で会の運営にあたります。

3. 主な活動

1、月例会(ミーティング、そば打ち練習)
  毎月1回、三田市ウッディタウン市民センターで開催しています。
  各人の技量に応じたそば打ちを上位段の会員が指導します。
  併せてそば打ち体験教室も行っていますので、ご興味のある方は
  是非お越しください。初心者、初級者大歓迎です。

2、そば打ち教室の開催
  神戸手打ちそばの会が主催するそば打ち体験教室のほか、地域や
  公共団体からの依頼を受けてそば打ち教室を開催します。

3、各地のそばまつりへの参加
  いなべ市そば祭りや奥丹波そば街道祭りなど各地で開催される
  そば祭りへの出店やそば打ち応援などを行います。

4、各種そば関係イベントへの参加
  神戸手打ちそばの会が所属している一般社団法人・全麺協本部や
  西日本支部が主催するそば関係のイベントに参加します。

4. 2020年度運営体制

会長片野 光詞(三田市)
事務局長川戸 務(神戸市)
事務局石冨 仁(三田市)
会計山下 則子(大阪府豊能郡)
監査萩原 修(神戸市)
相談役井上 二郎(神戸市)
顧問箱崎 孝治(神戸市)

ブログ

お問い合わせ